viエディタの使い方

Linux、Unixで使用できるvi、vimエディタの使い方をメモしておきます。

vi、vimエディタの違い

vi(ヴィーアイ)を使いやすく拡張したものがvim(ヴィム)

どちらもUnix環境で使用できるテキストエディタです。

Xserverでもviが使えます。

ファイルを開く

vimの場合は

ファイルを開いた直後はコマンドモードになります。

"viエディタの使い方" の続きを読む

Sublime Text 3 スニペット Snippet

開発環境

Sublime Text 3

スニペット Snippetとは

単語登録の便利版のようなもの。
よく書くコードを登録しておくと、次からTabで登録した内容を展開でき楽になります。

スニペット Snippet を登録する

Tools -> Developer -> New Snippetを選択すると

 

のようなテンプレートが表示されます。

これを、

"Sublime Text 3 スニペット Snippet" の続きを読む

Sublime Text 3 おすすめパッケージ

開発環境

Sublime Text 3

Sublime Text 3でおすすめのパッケージをメモしておきます。

Material Theme(テーマ)

見た目をかっこよくしたいなら、これをとりあえず追加します。

Emmet

htmlタグの入力が飛躍的に便利になるパッケージです。1度使うと、手放せなくなります。
こちらのチートシートと一緒にどうぞ。
Emmet cheat sheet

"Sublime Text 3 おすすめパッケージ" の続きを読む

Sublime Text 3を使ってみる

開発環境

Sublime Text 3

Sublime Textのダウンロード、インストール

Sublime TextはWindwosでもMacでも使用できるエディターです。

以下のサイトからSublime Text 3をダウンロードできます。

ダウンロードしたらインストールします。

Sublime Text 3

Sublime Text パッケージをインストール

Sublime Textをインストールしたら、次はパッケージをインストールします。

パッケージをインストールすると、Sublime Textにさまざまな拡張機能を追加できます。

"Sublime Text 3を使ってみる" の続きを読む

macのテキストエディットをテキスト形式にする

確認環境:

mac バージョン10.12.6

macのテキストエディットはデフォルトだと、リッチテキスト形式になるので、

テキスト形式にする方法をメモしておきます。

テキストエディットを起動する。

環境設定を開く。

フォーマットを標準テキストを選択する。

macでgrapできるエディター TextWrangler

 

macでgrapできるエディター TextWrangler の使い方をメモしておきます。

 

確認環境:TextWrangler version 5.0.2

 

TextWrangler は、mac App Storeでダウンロードできます。

 

使い方:

shift + command + F キーを押して、「Multi-File Search」画面を表示します。

TextWranglerでは、grapのことを、Multi-File Search と呼んでます。

 

Tip_00_02_001a

「Other」ボタンを押して、grepする場所を選択します。

そうすると、「Search in」に反映されます。

 

Tip_00_02_001b

 

「Find」にgrepしたいキーワードを入力し、「Find All」ボタンを押下します。

 

Tip_00_02_001c

 

すると、こんな感じでgrep結果が表示されます。


Tip_00_02_001d

 

「Filter」のリストから「New」を選択すると、grep条件の詳細な設定ができます。

例として、ファイルの拡張子が「.swift」のファイルだけを表示するようにするなら

こんな風に設定してください。

 

「Any/All」の横の欄は、このFilter条件につける適当な名前を入力しておけばOKです。


Tip_00_02_001e

 

そうすると、こんな感じでgrepのFilter条件が表示されます。

Tip_00_02_001f