XSERVERにnode.jsをインストールする方法

環境:

Xserver

Mac OS

node.js

nodebrew 11.10.0

npm 6.7.0

前提:

・XserverにSSHで接続できるようにしておく

こちらの記事 を参考にどうぞ。

まず、XserverにSSHでアクセスします。

Xserverのホームディレクトリを確認してみます。

lsコマンドで -l(長形式)-a(隠しファイルを含めて全部を表示)オプション付けて、~/ (ホームディレクトリ)を表示します。

すると、

こんな感じです。

ここに .bashrc 隠しファイルがあります。

.bashrc は Windowsでいうところの環境変数の設定をするファイルです。

後ほど、このファイルを編集してパスを通します。

nodebrewをインストールします。

node.jsをインストールする前にまずは、

node.jsのパージョン管理を行なってくれる

nodebrewをインストールします。

すると、

.nodebrew フォルダが作成されます。

.bashrc ファイルに .nodebrewのパスを通します。

設定を読み込みます。

これで、nodebrewコマンドが使えるはずなので、バージョンを確認してみます。

こんな感じでバージョンが表示されればOKです。

node.jsをインストールする前に、どんなバージョンがあるか確認します。

ずらっと表示されますが、公式サイトで最新版になっている

v11.10.0

をインストールします。

インストールしたら、使います宣言を忘れずにしておきます。

以下のコマンドでインストールされているnodebrewのバージョンと現在使用しているnodebrewのバージョンが確認できます。

current: に指定したバージョンが表示されていればOKです。

これで、node.jsが使えるようになりましたので、

でバージョンが表示されるはずです。

これで npm コマンドが使えるようになったので、あとは自由にインストールなどしていきます。

なお、npmのパスの確認は

グローバルの場合

ローカルの場合

で確認できます。

参考:

Qiita:node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する

Node.js 公式サイト

Bulmaのハンバーガーメニューが出ない

確認環境

Mac OS

Bulma

Laravel 5.7

XServer

XserverにLaravelをインストールしました。

レスポンシブWebサイトにしたいので、Bulma(ブーマ)を使ってみました。

しかし、navbarのハンバーガーメニューをクリックしてもメニューがなぜか表示されませんでした。

調べてみた結果、公式サイトでは、npmを使ってBulmaのパッケージをインストールすることを推奨しているのですが、私はこの方法でBulmaを使用していないので、どうもそれが原因みたいです。

なので、

以下のように修正してみました。

"Bulmaのハンバーガーメニューが出ない" の続きを読む

laravel サーバー(XSERVER)で環境構築方法

確認環境:

laravel 5.7

XSERVER X10プラン

php >= 7.1.3

mysql 5.7

前提

・XSERVERに契約しておく

・サブドメインが使えるよう初期ドメインとは別のドメインを取得しておく。

・ローカルでlaravelが使えるようにしておく。

手順1:SSHを有効にする

XSERVERのサイトにアクセスして、

サーバーパネル ー> ssh設定 を選択する。

SSH を有効にする。

XSERVERはパスワード認証によるSSH接続が利用できません。

なので、公開鍵認証でSSH接続をします。

"laravel サーバー(XSERVER)で環境構築方法" の続きを読む